CqhILi8UEAAAhiL
※2017年2月4日追記


2016年8月のサービス開始からDAZN(ダ・ゾーン)を使ってみて、
DAZN関連の自己ツイートをまとめてみました。

2017年1月22日のニューイヤーカップの中継から DAZN・Jリーグ元年スタートとなったわけですが、
自分の試した結果は以下の通りです。参考になれば幸いです。 

 


【クレカを持っていない人も契約出来る!】

<2017.1.29追記>
プリペイド(チャージ)型クレジットカード、「LINE Payカード」でも契約/支払いが出来たことを記事にしました。

クレジットカードが無くてもDAZNは契約できる。



【amazon FireTV stick 関連】 

DAZNをテレビで見たい人は圧倒的に多いですが、
その中で、ハードウェアの受け皿になってるのが、amazon FireTV stick(以下stick) です。



【2017/04/09追記】
新型FireTV stickについての発売日レビューについてはこちらから。



以下、stickに関するツイートをまとめました。

stickはDAZNを手軽に見る最も優れたデバイスです。
しかし、トレードオフとして画質の悪さに目をつむる必要があります。

あと、個人的にはWi-Fi電波の掴み方が下手だと感じました。
Wi-Fi接続しか出来ない機器なので、無線LANルータからの距離は短いほうが良いですね。

画質の目安はスカパー!のSD放送くらいを想像してもらえるといいと思います。 

因みに、スカパー!のHD放送並の画質を得たい場合は、高い方もFireTVが必要になってきます。


2017年1月現在、DAZN需要のせいなのか、売り切れが続いていますが、
高画質を得るためなら「待ってでも買いたいデバイス」です。
DAZN視聴デバイスのファーストチョイスです。


高い買い物かも知れませんが、有線LAN接続も可能で、安定的な視聴には最適です。


※2017年2月4日追記

FireTVの全てのモデルの在庫がamazonよりなくなりました。
stickが3月1日入荷予定、高い方は相変わらずの5~7週間以内の発送のまま。


このままではJリーグ開幕まで間に合いません。
そこで、今使ってるテレビがSHARP(シャープ)のAQUOS(アクオス)の方限定で、
SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー「AN-NP40」というセットアップボックスをオススメします。
どういう機器かざっくり説明しますと、シャープ版FireTV、というものです。

発売当初2万円台だったものが現在1万円台前半まで価格が下がってきました。

レコーダーまでシャープだったら、テレビもレコーダーも含めて、
リモコンを一つにまとめることが出来ます。
「AN-NP40」のリモコンで全て操作できる様になり、FireTVより便利です。

スペックもFireTV(高い方)と遜色ないかむしろ高いので、
こちらも検討する余地があります。

なぜピンポイントで「AN-NP40」という機器を薦めてるかというと、
DAZN公式サイトに記載のある動作推奨の機器だからです。






【パソコン】 
パソコンでの視聴に関してはスペック(性能)中心でツイートしております。
結論から言えば、7年前のノートPCでも再生可能でした。

まず、手持ちのPCのスペックと、それによる視聴状況を記載しておきます。

<デスクトップ:自作PC>

CPU:Core i7-3770S(3.10GHz)
メモリ:16GB
OS:Windows7 Pro 64bit

 ⇒これは余裕のよっちゃんです。
  尚、DAZN公式がWindows8.1以上のOSを推奨してますが、Win7でも大丈夫です。
  ブラウザはGoogle Chromeです。
  (但し、公式がWin7を推奨してないので自己責任で・・・)

<ノート:ThinkPad X201(2010年製)>
CPU:Core i5-M520(2.4GHz) 
メモリ:2GB 
OS:Windows10 32bit

 ⇒DAZNをこれで最初に視聴した時は、兎に角止まるのでスペック的に古いと思ってたのですが、
  貼り付けたツイートにも挙げた通り、Windows10とGoogle Chromeの組み合わせがNGだった。
  Windows10とEdge(マイクロソフト純正ブラウザ)が正解。滑らかに再生可能になりました。


結論からすると、「マイクロソフトの最新の環境で視聴しなさい。」ってことだと思います。
でも私のメインPCはWindows7なので意地でもこの環境で見ていきます(^_^;)


 ↓ハードウェアの下限の参考になれば・・・
お手持ちのCPUがCore iシリーズであれば世代問わず視聴は出来ると思います。
私のノートPCのCPUはCore iの世代で言えば第1世代です。しかもモバイル用。
これで再生できて、そのひと世代前のCore2Duoのパソコンでは再生出来ませんでした、というツイートです。


※Windows10とGoogle Chromeの組み合わせはNG

Windows8.1以上なのに、DAZNがまともに見られない人はブラウザをEdgeに変えてみて
それで改善されるかを試してみるといいかもしれません。




【SmartTV(スマートTV)】


TVが2016年年末に壊れるというタイミングの良さ(悪さ)で、
DAZN対応のSmartTVを導入しました。

購入したのは、LG電子の32LF5800という2015年製の32型のSmartTVです。
私が購入した時の価格は、38,800円でした。
2017年1月現在で、DAZN視聴が可能なTVの最安値だと思います。

<2017.1.29追記>
LG電子「32LF5800」ですが、
2017年1月28日現在、ビックカメラ アウトレット池袋東口店でまだ在庫ありました。
20台ほど箱が積まれていました。



2015年のモデルなので、DAZNのメニュー画面の切り替えは遅いしもたつきますが、
再生そのものに問題は感じません。
画質はスカパーHD並です。近くでマジマジと見ない限り、インターネット配信とは分からないレベルです。

価格重視でいくなら、SmartTVはLG電子の一択になると思います。
家電量販店で同じインチ数で国内メーカーと比べてみるとわかると思います。

画質はメーカーによって特徴があるので、そこは好みの差ですが、
個人的にはLG電子のパネルの発色の良さは自分の好みです。
ですが、以下ツイートにも挙ましたが、LG電子のメニュー画面とかリモコンの操作性がとにかく悪い。

日本メーカーが如何に使い勝手良く設計してるかがわかります。
geekな人間でないとLG電子のTVの操作性にイラつくと思いますので、そこは価格とトレードオフです。

余談ですが、安い型落ち品と出会う方法は、家電量販店のアウトレット店に行くことです。
ビックカメラなら池袋ヨドバシカメラなら京急川崎と。

<2017.1.29追記>


私はビックカメラ池袋アウトレットで上記のLG電子の型落ちSmartTVと出会いました。
型落ち品をアウトレット店で山積みして売ってる場合があるので、それが狙い目です。
あと、TVの展示品は買ってはいけません。展示で何千時間と通電してるので・・・

話がそれましたが、SmartTVの雑感はこんな感じです。






【ネット環境(固定回線編)】 


下のツイートの引用元ブログさんでは、光回線ながら6.89Mbpsという回線の速度だったため、
何度か落ちる経験をされたようですが、
私は1/22のニューイヤーカップで落ちることは一度もありませんでした。
(私の自宅の回線速度は、ニューイヤーカップ時75Mbpsでした。)

落ちる、という状況は様々な要因が考えられますが、
「落ちる=DAZNの100%過失」という訳ではないと思いますので、
自分の視聴環境をDAZNのヘルプアカウントにリプライしてみるといいかもしれません。

DAZNヘルプの中の人、結構リプライ返してきます。






【ネット環境(4G LTE・データ消費量編)】 

結論から言うと、データ消費半端ないです。
ギガモンスター的なプランでも2試合見たらほぼ消費しきる計算です。

視聴そのものは4GLTE回線でも満足いく画質と途切れ無さは得られたと思います。
でも、金銭面では視聴はWi-Fi下で行ったほうが良いということが分かりました。
 




【DAZNと地上波の時差について】

これはDAZNのサービス開始当初に野球中継で計測した結果なので、
現在と差があるかもしれません。

でも2017年1月のニューイヤーカップで、現地の方のツイートからの時差から推測しても
スカパーオンデマンドよりは時差は少ない、というのが私の結論です。
ネット配信なので時差はあります。そこは覚悟が必要です。




最後に。
DAZNをスカパー並の画質で見るためには・・・

 
固定回線でもどれだけの速度が得られてるかが重要ですね。
現状、一桁Mbps では安定視聴には厳しいみたいです。

デバイスが有線LANで接続できるなら、是非有線LANをオススメします。
デバイスや建物の構造上の都合でWi-Fi接続になるなら、
ルータとデバイスの距離を縮める等、電波環境を良くしましょう。

stickはスカパーSDやBS102程度の画質しか得られないので、
スカパーHD並の画質を得たい場合は、FireTV stickは避ける。


以上が2017年1月22日までにDAZNを使って感じたまとめです。

最後に、私の見づらいブログよりわかりやすくDAZN視聴のチュートリアルを
まとめてくださってるブログがありますので、リンクを貼っておきます。




2017年は少なくともDAZNでしかJリーグを見る方法がありません。
(応援してるチームの全試合を、という意味で。) 

見るためにはDAZNを使うしか無い。そこから起きた問題をDAZNにフィードバックして
より良い環境を得ていくしかないのです。
みんなでDAZNを育てる感覚を持ちましょう・・・と、いうことで〆させていただきます。

ここまで、お粗末な文章にお付き合い頂きましてありがとうございました。