DAZN-WiMAX2-s

DAZNのために固定回線を引きたくても引けない人のために、
「WiMAX」を提案いたしましたが、実際に使い物になるのか気になるところです。

そこで実機を使って、DAZNの視聴に向いているのかどうかをテストしました。 

【前回、前々回のあらすじ】


クレジットカードを持って無くてもDAZNの支払いが出来ることを前回アップしました。
さらに、光回線(固定回線)を引けない人向けにWiMAXをオススメしました。


では、実際に使ってみた結果や速度制限との付き合い方が今回の内容です。

【Try WiMAXレンタルで試してみた】

契約しなくてもテストは出来る。

自分の家で通じるのかどうか等を契約前に確かめたい人向けに、
WiMAXの端末をレンタルしてくれるサービス(Try WiMAX)があります。

今回、このサービスから実機を使って、WiMAXでDAZN視聴が出来るのかを試してみました。

IMG_1844-s
クレードルも一緒にレンタル可能です。
写真の様に、スマートTVに繋いだりしてテストしてみました。



【90分の視聴でどのくらいデータ通信量なのか?】



LTE回線で測定した時は「77MB/分」のデータ消費量でしたが、
WiMAXだと、「47.1MB/分」でした。

LTE測定方法:MVNO業者のデータ通信量の通知にて。
WiMAX:端末の通信量モニター機能にて。


測定方法が違うので一概に比較できませんが、「データ喰いなDAZN」というのは変わりませんね。
1日で2試合見たらWiMAXの制限である10GBに達してしまいます。




<注意書き>
ここからのシミュレーションはあくまでシミュレーションです。
WiMAXの端末のデータ使用量を見ながら、表示されてる数値より余裕をもって対策してください。


【2試合見て制限なんて使い物にならない?】


いえいえ、そんなことはありません。
制限のかかり方を理解すれば、週末2日間でJリーグ観戦を問題なく楽しめます。
以下の画像の通り、制限のルールと上手く付き合えば大丈夫です。
WiMAXシミュレーション
※サムネイル画像だと見づらいので、必ず元サイズの画像で御覧ください。


<WiMAXで週末にJリーグを楽しむ通信量シミュレーション>
※上の画像を見ながら読み進めて下さい。

①土曜日までの通信量を10GB未満に抑える。

 →土曜日は見たい試合を2試合に絞る。
  2試合見る場合は、HT中は視聴を止めたり、キックオフ前から視聴開始したり、
  試合終了後のハイライトまで見ないようにしたりと、ちょっと我慢・・・。


私の端末集計である「47.1MB/分」をベースに考えると・・・

約3.5時間(210分)の視聴で10GBに達することになります。
じゃあ2試合=180分+αも余裕・・・とは考えないほうがいいです。

土曜日の前の2日間(木・金曜日)のデータ通信量も加算されてるので、
土曜日で10GBを丸々使えません。
木曜日と金曜日で1GBの通信をしたとして、土曜日に使えるのは9GB。
9GBだと、だいたい191分の視聴で達することになります。

ハーフタイムもつけっぱなしにしてると、2試合を中継開始から終了までフルで見るのは厳しい・・・

というかアウトです。

①の結論・・・
 →木・金・土曜日の3日間の通信量を10GB未満に抑える。
 →土曜日は見たい試合を2試合に絞る。
 →HTは視聴を止める等で通信量を節約。


あと、土曜日23:59から日曜日の0:00を跨いで通信してた場合、
日付を跨いだ分も土曜日分にカウントされる恐れがあるので、
土曜日から日曜日に跨がる試合(海外リーグ)を見る時は注意しましょう。


②日曜日は見放題!

WiMAXは3日間の通信量合計が10GBを超えると翌日夜に低速制限(8時間)がかかります。

つまり、①で示した通り土曜日少し我慢して、木・金・土曜日で10GBを超えなければ
日曜日に制限はかからず、日曜日は遠慮なく試合を見られる、という算段です。
Jリーグも夜の海外リーグも見逃し配信も思う存分楽しみましょう。


③低速制限を受けるのは月曜日の夜

前日までの3日間(金・土・日曜日)で10GB以上通信したので、月曜日に低速制限がかかります。
とはいえ、月曜日に変わったら直ぐに制限がかかるわけじゃないので、
日曜深夜(月曜早朝)に配信される海外の試合を見ても大丈夫です。

このシミュレーションの場合、低速制限がかかるのは、
月曜日の18時頃から火曜日2時頃(月曜深夜26時)まで。

低速制限といっても最大1Mbpsまで出るので、LTE回線の低速モードより速いです。
火曜日の深夜に制限が解除されますので、あとは週末に向けて①からのループです。


<補足1>
日曜日の18時以降に見たい試合がなければ、土曜日に試合を見まくる・・・という形もアリです。
「木・金・土曜日」の3日間で10GBを超えても、制限がかかるのは日曜日の18時からですので。
日曜日昼間のゲームは制限なしで見ることが出来ます。

【WiMAX2+、平日夜の速度】


※測定地:千葉県千葉市
WiMAX




【WiMAX2+、週末(土曜日)昼の速度】


※測定地:千葉県千葉市
WiMAX速度-土曜昼

DAZNが推奨してるフルHD画質(1080p)での視聴には9Mbpsの速度が必要なので、
回線が混み合うとされる週末でこれだけの速度が確保されていれば、
WiMAXでもフルHD画質で視聴できます。


【固定回線(光)との”時差”】

手元の環境では光回線との時差は見受けられませんでした。
WiMAXだと時差が凄い・・・とかはありませんでした。

手元の環境で色々と試してみましたが、時差は視聴する機器(デバイス)による影響の方が大きいです。
例えば、Windowsなら7より10のほうが時差が少ない、とか。

じゃあ時差の少ない機器(デバイス)って何?って話になると、
試すことが膨大すぎて、個人では無理です・・・すみません。


【画質】



FTTH-光
↑光回線でのスクショ

WiMAX-ブンデス
↑WiMAXでのスクショ

大差ないです。回線速度が速ければ速いほど画質がクリアになってる印象が個人的にありますが、
結局のところ、DAZNが言うフルHD視聴に必要な9Mbps以上出てれば気になるレベルではないということです。


【最後に】

取り敢えず、今出来るテストをやれるだけやってみました。
WiMAXでも固定回線と遜色ない視聴は出来ますと断言したいところですが、
WiMAXは地域差や電波の受信状態等で速度が変わって来ますので、
その点は十分に考慮して、導入を検討して頂ければと思います。

DAZNが日本上陸した当初に懸念されていた
「固定回線も引けない、クレジットカードもない人はDAZNが見られないのか?」
という問題はある程度解消出来たと思います。

視聴の基盤となるインターネット回線をどうするかが大事ですので、
光回線が引ける人は出来るだけ引いてください。
でも、諸事情で引けない人にとって、この記事が助けになれば幸いです。


ここまでの駄文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。