20170610福岡
すごい量の試供品!(ヤックス様、提供各社の皆様ありがとう!)
すごい量の砂埃!(やめて!目が痛い!のどが痛い!)
すごい活躍の山本海人!

この日を3行でまとめてみました。

いつもの自己ツイートまとめです。

ヤックスマッチデー


この長さ、グラウンドのタッチラインにぎっしりと試供品配布のテントが並んでると想像して下さい。
・・・そうです、そのくらい長いです。



「今年は整理券を配る」って案内があったから安心してたら、
整理券配布場所がブースへの入り口前(上記の東口)ってどうなのよ?
・・・というお話です。

来年は入場時に配りませんか?
それをやることによる弊害もあるのは想像出来ますが。

IMG_2510-s
入場前の外から見た試供品配布ブースの様子。
IMG_2511-s
物販ではない。すべて試供品なのだ。
IMG_2512-s
繰り返し言うが、これは試供品。
IMG_2517-s
ヤックスマッチデーの試供品配布ではおなじみのレジ袋。
IMG_2525-s
こうやって袋の口を開いて各ブースの企業さんから試供品を入れてもらうスタイル。
IMG_2518-s
この列である。人もテントも。
バックスタンドの端から端までの長さ。
つまりピッチで言えば、タッチラインの端から端までの列の長さということである。
IMG_2520-s
この様な一般的な試供品もあれば・・・
IMG_2522-s
「お試し」とか書きながら、製品そのままのサイズの試供品もある。
IMG_2523-s
試供品配布は、日用品→食料品という流れ。
食料品エリアでレジ袋の”おかわり”タイム。
IMG_2527-s
私で推定500番目くらいの列順と仮定してもこの減り方。
参加できても最初の人と最後の人では貰える量が変わってくる。
参加企業が同じ数(人数分)を用意してる訳ではないので。
IMG_2528-s
試供品配布も列の2/3くらいまで来た・・・
IMG_2530-s
これが全てタダ(試供品)!
もちろん、一人分ではない。でもこれ全てにお金の支払いが生じない。
IMG_2532-s
カップ麺、どれか一つではない。1種類1個ずつ貰えるのがすごい。
IMG_2535-s
日用品で1袋、食料品で1袋、合計2袋。それも両方満タン。
相変わらず、ヤックス様と参加企業の太っ腹さに恐れ入る。

【ヤックスマッチデーの功を考える】

ヤックスマッチデーは列乞食も出るし、入場後ダッシュ多発で危ないし、
人間の欲が露わになって見ていられないという否定的な声も聞きます。


↑こういう人が必ず現れますからね・・・・毎年。今年も出現。

※ジェフは優先入場の入場順を決めるクジをキックオフの4時間前に行います。
 そして、そのクジで付き添い3人まで(計4人)並べます。
 ですから、4時間前に来られなかった人が、3人未満で並んでる人を探すのが列乞食。
 ヤックスマッチデーじゃなくても現れますし、この日だと余計・・・。



ですから否定的な意見があってごもっともです。至極まっとうな意見です。

しかし、これが何年も続いている、参加企業が減らない等のことから鑑みて、
スポンサーageを基本行うサポーターなら
ヤックス様(千葉薬局様)や試供品配布企業のメリットにも目を向けたいものです。

●試供品を配布する場所の確保
 1社で単独でやろうとしたら、公共の場所なら許可申請やらなんやら・・・色々面倒。
 でもヤックスマッチデーなら参加企業になれば、場所も受け取る人も確保できる。
●試供品を「好意的に」受け取ってくれる人の確保
 好意的に、というのがミソ。
 好意的なら配って終わりで終わらず、使って貰えるゾーンまで行ける。
●SNSでの拡散効果
 1社では微力でも数十社も集まればイベントとしてのインパクトが増す。
 大企業の傘に中小企業が入れるメリット。

例えるなら、

企業単独でサンプリング配布・・・街で一人でナンパ
ヤックスマッチデー・・・規模大きめの街コン


それくらい出会いのハードルの高さが変わってくると思う。
企業と消費者が友好的に出会う機会、それがヤックスマッチデー。
ヤックス様は、企業と消費者の仲人役。

可能な限り続けていただけると有難いです。



試合・選手

ダブルヘッダーのなでしこリーグカップ

今週末のアウェイ水戸戦は・・・

マジ、アウェイで勝ち点3欲しい。 ハイラインの裏を狙うDYZN(前田大然)をクルクルさせよう(止めよう)!

アウェイ水戸、行きますよ。初水戸です。
関東のJスタジアム未踏の地だった水戸に行きますよ。

水戸戦もWIN BY ALL!