20180127行っトクか徳島
3月17日のアウェイ徳島行きませんか?陸路で。1月中ならJALもANAもまだお得な先得航空券あると思うのですが、試合日の週末が空くかどうかが1ヶ月前、いや1週間前までわからない、そうこうしてるうちに航空券が安く買えない・・・そうやって泣く泣く断念される方も多そうだなと思い、陸路での日帰りルートを考えてみました。

遠方遠征でお世話になるのが空路です。とりわけJリーグ1年の日程が決まっているので、日付狙い撃ちのJAL/ANAのウルトラ先得等のチケットは大変お世話になります。

しかし日程発表後、つまりシーズン序盤の遠方は厳しいっす。先得発売枠は終わってるし、休みの調整も難しい。予定の都合が付く頃にはJAL/ANAの航空券は正規料金に近い。そもそも試合に間に合う便の空席あるの?という状態。

・・・なら陸路ですよ陸路、という内容です。

正規のJAL/ANAより安く済みます。陸路なので値段は固定。陸路と言えど早く切符は押さえたいところですが、1週間前に予定が空いてもなんとかなる可能性が高いルートです。

※このルートを実践される方はあくまで自己責任でお願いします。

ルート概要

【往路】
(1)東京駅→(新幹線)→新大阪駅
(2)新大阪駅→(在来線)→舞子駅
(3)舞子駅→(徒歩10分)→高速舞子バス停
(4)高速舞子バス停→(高速バス)→高速鳴門バス停
(5)高速鳴門バス停→(徒歩orタクシー)→鳴門大塚ポカリスエットスタジアム

【復路】
上記の逆ルート

【予算(往復)】
(1)21400円
(2)1840円
(4)5000円
計・・・28240円(各種割引適応なし)

(1)新大阪行きの日帰りツアーを活用

行っとくか
日帰り1day 行っトクか!大阪

【価格について】
試合当日の3月17日(土)の料金は21400円です。「往復で」です。正規料金が28900円(往復)なので7500円も安い。しかも新大阪駅構内のキオスクで使える3000円分のクーポン(商品券)があるので実質18400円です。徳島に行って大阪土産というのも変な話ですが、お土産じゃなくても対象店舗で売ってる書籍購入でも使えるのでそういう消費の仕方でも良いかもしれません。

【出発時間について】
このツアー商品のポイントは下り列車(新大阪方面)は始発から07:13までの新幹線しか選べません。ですが寧ろ好都合というか、正規料金の新幹線でも07:13ののぞみに乗らないと試合に間に合いません。乗り継ぎに余裕をもたせたいので始発ののぞみが理想です。最低でも6時台ののぞみには乗りたいところです。07:13ののぞみですと、キックオフ1時間前の到着を覚悟しなくてはいけません。

(2)新大阪駅~舞子駅

行っとくか3
【料金】
片道:920円
行っとくか2
【東京駅06:00出発の場合】
東京駅06:00発のぞみに乗ると新大阪駅着は08:22。在来線ホームへ行き、08:31発の快速姫路行きに乗ります。舞子駅着は09:26です。

出発前日までに切符をみどりの窓口か紫の券売機で買っておくか(JR東日本管内でも買えます)、Suica/PASMOに十分なチャージ金額をしておきましょう。(JR西日本管内で乗降が完結するのでSuica/PASMOが使えます)

【補足】
新大阪駅に付いたら在来線に乗り換えます。JR京都線の表記ですが一般的に言う東海道山陽本線です。東海道山陽本線には駅をガンガン飛ばす「新快速」という列車がありますが、それに乗ると舞子駅には停まらないので乗ってしまったら三宮駅で乗り換えるか、画像のように「快速」に乗りましょう。


(3)舞子駅~高速舞子バス停

news333-1
※引用元:西日本ジェイアールバス株式会社「JR舞子駅に高速バス自動券売機を設置します」

【東京駅06:00出発の場合】
舞子駅着は09:26です。駅からバス停まで徒歩で10分掛かりますので、高速舞子バス停には09:36についている計算になります。

【補足】
JR舞子駅から高速舞子バス停までは以上のようなルートで移動します。電車を降りて10分ほどでバス停まで移動できます。

舞子駅に高速バスの当日券券売機の設置がありますが、事前予約しておいたほうが良いです。券売機は1台しかないので、万が一並ぶようであればバスに乗れなくなりますし。

バスについては次で解説します。


(4)高速舞子バス停~高速鳴門バス停

【解説】
本数が少ないのでここのバス選びが大事です。

高速舞子~高速鳴門で乗降出来る高速バスには2路線あります。ジェイアールバス系の「阿波エクスプレス」と、徳島バス/神姫バス/山陽バス/阪神バスの共同運行の「神戸~徳島線」です。

キックオフ2時間前到着を目標とすると高速舞子バス停を10時台に出発しないと行けませんし、キックオフ自体に間に合わせるためには、11時台のバスには乗りたいところです。


【東京駅06:00出発の場合】
高速舞子バス停に09:36に着いたら、09:45発の阿波エクスプレス号か、09:40発の「神戸~徳島線」に乗ります。電車の遅延等で予定通りに舞子駅までたどり着けない事態を想定して10:10発の「阿波エクスプレス号」を事前予約で確保しておくのもアリかなと思います。


キックオフ2時間~1時間前に間に合う「阿波エクスプレス号」
赤枠:高速舞子バス停発時刻
青枠:高速鳴門バス停着時刻
行っとくか11
引用元:本四海峡バス「阿波エクスプレス号」


キックオフ2時間~1時間前に間に合う「神戸~徳島線」

行っとくか5
引用元:山陽バス「神戸~徳島線」時刻表

【「阿波エクスプレス神戸号」の共同運行会社の公式リンク】
西日本ジェイアールバス
ジェイアール四国バス
本四海峡バス

【「阿波エクスプレス大阪号」の共同運行会社の公式リンク】
西日本ジェイアールバス
ジェイアール四国バス
本四海峡バス

本四海峡バスのページは大阪便と神戸便の時刻表が併記してあるので便利です。

【「神戸~徳島線」の共同運行会社の公式リンク
徳島バス
神姫バス
阪神バス
山陽バス

【料金】
片道:2500円

どちらの路線も往復割引(1割引)あり。※往復とも同路線・同区間に限る。

【購入方法】
上記のバス会社のホームページにある購入方法の他に、「神戸~徳島線」は「じゃらん」や「楽天トラベル」からも予約可能です。

【補足】
「阿波エクスプレス号」は舞子駅に設置の自動券売機で当日券が買えますが、「神戸~徳島線」に当日券販売の設定はありません。どちらのバスに乗るにせよ事前予約がベストです。

(5)高速鳴門バス停~ポカスタ

行っとくか6
【東京駅06:00出発の場合】
高速舞子バス停から高速鳴門バス停まで約55分ですので、道路事情か加味しなければ10:45頃には着いている計算です。タクシーを使うなら11:00頃に到着、徒歩なら11:15頃に到着です。

【補足】
高速鳴門バス停と「鳴門市役所 経済局観光情報センター」は実質的に同じ建物(施設)なのでここを起点にすると、徒歩で鳴門大塚スポーツパークまで34分です。

歩くのはちょっと・・・という方も「鳴門市役所 経済局観光情報センター」前でタクシーを拾っても良いですし、そこで捕まらなくても鳴門大塚スポーツパークまでの道中ちょうど半分のあたりでJR鳴門駅を通りますので、そこからタクシーを拾うという手もあります。

道中起伏はなく平坦なので、徒歩34分もそこまで苦ではないと思います。※管理人個人の感想です。

往路総括

東京駅6:00発ののぞみに乗り、高速舞子バス停を9時台に発てば、高速鳴門バス停から徒歩で移動してもポカスタには11時過ぎ、キックオフ2時間前には到着する・・・という算段です。

東京駅6:00発以外の6時台ののぞみでも12時過ぎにはポカスタには着けるダイヤとなってます。JR東海ツアーズに申し込む際は第一希望を6:00ののぞみにして、第二第三希望も6時台ののぞみにするのが望ましいです。

そして、新幹線が決まったら乗換案内サイトやアプリで「東京~新大阪~舞子」を検索します。自分の乗る新幹線を基準に舞子駅着時間を調べたら、乗れる高速舞子バス停発の高速バスの予約をしましょう。

以下、復路について。

復路の概要

復路ですが、一応19時台の新幹線(新大阪→東京)に間に合わせることはできますが、お土産買ったりご飯食べたりする時間の余裕が欲しいので、新幹線は21時台ののぞみを選択するのがベターです。JR東海ツアーズに復路の新幹線の希望を出す時は、選択できる中で最も遅い21:10を第一希望に、第二第三はその次に遅い便を選びましょう。

21時台の新幹線に乗れて、且つバッファとして新幹線出発の30分前までに新大阪駅に到着する時刻で逆算すると、高速鳴門バス停から出る18:30までのバスに乗れば間に合う計算になります。

また20時台の新幹線になってしまった場合、高速鳴門バス停から出る17時台のバスに乗れば20時までには新大阪駅に着く計算となります。

復路・高速鳴門→高速舞子

赤枠:高速鳴門バス停発時刻
青枠:高速舞子バス停着時刻
行っとくか9神戸
引用元:本四海峡バス「阿波エクスプレス号」

行っとくか10神戸
引用元:山陽バス「神戸~徳島線」時刻表

試合終了の16時以降から、21時台の新幹線に間に合うバスは上記の赤線内のバスになります。試合終了後から鳴門市内に少しでも滞在したいなら、21時台の新幹線を是が非でも押さえたいところです。

試合後、バスの時間まで鳴門市で出来ること一例。

行っとくか13
【銭湯・東浜温泉】
営業時間:13:30~23:00
定休日:第一・第三火曜日、元日
グーグルマップリンク

高速鳴門バス停までのルートからさほど逸れない位置に銭湯があります。バスまで時間があるなら汗を流してから帰るのもありでしょう。

なると物産館

営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始
グーグルマップリンク

上記画像だと銭湯の一つ右にある星マークの位置です。

弾丸遠征でも確り徳島土産買って帰りましょう。今年もやってるのかは不明ですが、試合当日にヴォルティスの試合を観に行く(行った)ことを証明できる何かを持っていれば、お会計が5%オフになります。またクレジットカードも使えます。

【中華そばいのたに鳴門店】
営業時間:10:00~20:00(売切れ次第終了)
定休日:火曜日
グーグルマップリンク

なると物産館の一本手前の路地にあります。徳島ラーメンの名店です。徳島ラーメンらしい徳島ラーメンが食べられます。値段も関東基準で考えると驚くほど安いです。そして勿論美味いです。管理人も2年連続で立ち寄ってます。

復路・舞子駅→新大阪駅

新大阪駅に20:30までに着きたい場合、JR舞子駅19:33発の快速に乗ると20:27に新大阪駅に着きます。

新大阪駅に20:00までに着きたい場合、JR舞子駅19:03発の快速に乗ると19:57に新大阪駅に着きます。

復路・新大阪駅→東京駅

ここまで問題なく到達出来れば新幹線が止まらない限り日付が変わらない時間帯に東京駅に着きます。日帰り弾丸遠征お疲れ様でした。

最後に

本記事は日帰り陸路に焦点を当てましたが、前日入りしたり徳島一泊したり…etcを考えているのであれば、様々なルートが考えられます。

・高速鳴門バス停発着の夜行バス
・高松空港のジェットスター(LCC)
・南海フェリーと関西国際空港でLCC
・南海フェリーと新大阪駅からの「ぷらっとこだま」

詳細は割愛しますが、南海フェリーの片道乗船券と南海電鉄の切符(片道どこまでも可)がセットで2000円という企画切符がありますので、関西国際空港やなんば駅(からの新大阪駅)と組み合わせると帰りのルートに幅が生まれます。

正規料金でJALとANAに乗れるようなブルジョアジーならこんなこと考える必要はないんですがね・・・(汗) では2018年最初の遠方遠征もパシオンでWIN BY ALL!