銭湯-s
試合観戦後、特に夏場は汗でベタベタした体をキレイサッパリしてから帰りたいと思いませんか?特に試合後そのまま新幹線や夜行バスに乗られる方は、自宅までお風呂やシャワーにありつけないとなると疲れも増えるってものです。

アウェイのグルメ、観光情報、お土産、スタグル、マスコット出没情報…サポーター発で色んな情報が発信されてきてますが、お風呂の情報はSNS上では少ないなと感じました。(自分のアンテナが弱いだけで実は情報が充実してる可能性もありますが…)

私は根っからの汗っかきな体質ゆえ、バモらない勢の分際で試合後は汗だくになってしまい、「試合後は風呂に入ってから帰りたいなぁ」と、アウェイに行くたび常々思っておりますし、事前に検索してから出掛けます。

そこで翻ってみて「フクアリ周辺の銭湯ってどうなのかな?」って思いまして、実際に近隣の銭湯に行って来て情報をまとめてみました。フクアリのある蘇我スポーツ公園周辺の商業施設内にスーパー銭湯が1軒、またフクアリから徒歩25分~30分と少々遠めですが文字通りの「銭湯」が3件並んでるエリアもあります。

泊まらずに夜行バスや最終の新幹線/飛行機で帰られる方の参考になれば幸いです。

湯の郷ほのか


【お店のWebサイト】
https://yudokoro-honoka.jp/soga/
【フクアリからの徒歩】
23分
【営業時間】
朝10:00~翌朝9:00
定休日なし
【料金】
平日:1200円
土日祝:1400円
深夜料金別途あり

【オススメのポイント】
フクアリから一番近いスーパー銭湯です。スーパー銭湯なのでレンタル品やアメニティは充実してますから手ぶらで行きやすいです。

フクアリ周辺にある商業施設にあるので、蘇我駅までの無料巡回バスがあります(試合終了後の行きで利用するのは迷惑が掛かるので、施設利用後の帰りだけの利用に留めましょう)。

施設前の巡回バス時刻表→フェスティバルウォーク前

館内で一泊することも出来ますが、朝の9時~10時には一旦閉じる”23時間”営業なので、長居を考えてる人は注意しましょう。(そんなに居ないでしょうが…)


蘇我・大和湯


IMG_3915-sIMG_2805-s
【Webサイト】千葉県公衆浴場組合(銭湯)【Lets】レッツエンジョイ東京
https://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00029319/
【フクアリからの徒歩】
24分
【営業時間】
15:00~23:00
定休日:毎週木曜日
【料金】
全日:430円
サウナ:別料金

【場所について】
フクアリから徒歩で行く場合、もっとも近い”銭湯”です(とは言え徒歩で約25分掛かりますが…)。

【オススメのポイント】
スーパーの付かない銭湯ですからタオルやアメニティは持参が前提になります。ジェットバスに水風呂完備。別料金ですがサウナ(テレビ有り)もあります。ご主人が番台(厳密にはここはフロント方式)からDAZNでJリーグ見てたりもするので、サポーターには寛容です。

【銭湯から駅へはバスで】
銭湯の前にバス停があります。銭湯でサッパリした後にまた20分も歩きたくないと思ったらバスのチカラを借りましょう。銭湯側の車線は千葉駅行き、反対車線が蘇我駅行きです。千葉駅までは220円、蘇我駅までは210円です。
↓↓↓
バス停:寒川三丁目
時刻表を見る時は「千葉駅-八幡宿駅」線をクリックしてください。千葉駅まで約12分、蘇我駅まで約6分です。蘇我方面に行く場合は「八幡宿」「浜野」どちらの表示のバスに乗っても蘇我駅を経由します。


梅開湯


IMG_2886-s
【Webサイト】千葉県公衆浴場組合(銭湯)【Lets】レッツエンジョイ東京
https://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00029320/
【フクアリからの徒歩】
25分
【営業時間】
15:00~23:00
定休日:第2・3・4水曜日
【料金】
全日:430円

【場所について】
上記の大和湯さんと同じ通り沿いにあります。大和湯さんから徒歩1分しか離れてない場所にあります。

【オススメのポイント】
ここはレトロなTHE銭湯という昭和な雰囲気を残した銭湯です。そう言われると諸々不安に感じる表現かもしれませんが、私なりの表現で例えるなら「メンテナンスの行き届いた状態の良いクラシックカー」です。レトロではあるが走行性能は新車の時と特に変わりない…そんな銭湯です。受付も番台スタイル、瓶牛乳もあります。昭和の銭湯がここにあります。

【銭湯から駅はバスで】
大和湯さんのほぼ隣ということで、同じバス停から駅に行くことができます。
↓↓↓
バス停:寒川三丁目
時刻表を見る時は「千葉駅-八幡宿駅」線をクリックしてください。


石の湯

IMG_3918-sIMG_3921-s
IMG_3922-s

【Webサイト】千葉県公衆浴場組合(銭湯)【Lets】レッツエンジョイ東京
https://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00029321/
【フクアリからの徒歩】
28分
【営業時間】
14:00~23:00
定休日:第1月曜日
【料金】
全日:430円
サウナ:別料金

【場所について】
大和湯さん、梅開湯さんと同じ通り沿いにありますがそこからさらに徒歩4分ほど離れた場所にあります。フクアリから見ればちょっと遠いですのが難点です。

【オススメのポイント】
ジェットバスの種類が多いのが特徴。また実際に入ってみて、水風呂の温度管理が徹底されてるように感じます。とてもキンキンに保たれています。別料金ですがサウナもありますので、このキンキンな水風呂との相性は最高です。

【銭湯から駅はバスで】
この銭湯も目の前にバス停があります(千葉駅方面は目の前ですが、蘇我駅方面は厳密には交差点を渡った先)。大和湯さんの前にあるバス停と同じ路線のバスです。上記2つの銭湯よりバス停が千葉駅寄りに一つ遡りますが、本数・所要時間・料金は同じです。
↓↓↓
バス停:寒川二丁目
時刻表を見る時は「千葉駅-八幡宿駅」線をクリックしてください。


天然温泉そが浜の湯ドーミーイン千葉CitySoga


【Webサイト】
https://www.hotespa.net/hotels/soga/
【フクアリからの徒歩】
15分
※蘇我駅からはフクアリ側(西口)ではなく反対の東口を降りてすぐ。

【ホテルだけどデイユースプランがある(要事前予約)】
ホテルのサイトには掲載がありませんが、じゃらん でこのホテルを検索するデイユースプランが出てきます(要予約)。宿泊客しか入れない、蘇我駅前の立地で天然温泉に入れます。15時~22時までの最大7時間滞在出来るので、東京駅から夜行バスで帰る人にオススメです。

ただし、部屋数が少なく週末は取りづらい傾向にあります。週末の相場は1人での利用で3900円。確実なプライベート空間が欲しい方以外にはあまり向かないのかな?とも感じます。


薬湯市原店


IMG_3933-sIMG_3934-s

【お店のWebサイト】
http://www.yakutou-ichihara.com/
【営業時間】
24時間営業
【料金】
平日:800円
土日祝:900円
深夜料金別途あり
館内着等レンタルあり
仮眠室、休憩室利用の場合、館内着のレンタルが必須。

【フクアリの最寄り蘇我駅から2駅先だけど…】

フクアリから徒歩どころか蘇我駅から電車に乗って、且つ東京方面から離れる方向に2駅先のスーパー銭湯ですが、駅チカ立地(駅から徒歩5分)なのでとてもオススメです。蘇我駅から内房線に乗って2駅先の八幡宿駅の駅前にあります。

【試合後より夜行バスで早く着いた時に活用したい】
夜行バスで遠征すると朝早く着きすぎてやることもない、お店も開いて無い、なんてこともあるかと思います。ここは24時間営業なので夜行バスで早朝に東京(駅)に着いたら、手っ取り早くここを目指して休んでしまったほうが良いかなと思います。特に前日まで仕事してて、その足でそのまま夜行バス乗って東京(千葉)まで来る人にオススメかと。

【電車の乗り遅れ等は気にしなくても大丈夫】
薬湯市原店の最寄り駅である八幡宿駅は東京方面(蘇我方面)の電車が大体1時間に4本はありますし、蘇我駅まで6分なので、そんなにタイトに考えなくて大丈夫です。ゆっくり休んでからフクアリに向かいましょう。

【休憩室のリクライニングシートが便利】
IMG_3935-sIMG_3936-s
IMG_3937-s
全座席が電動リクライニングでそれぞれの席にテレビと充電用USBポートを完備。テレビの音は背もたれに寄り掛かると背もたれから細やかに聞こえてきます。さらにブランケットの貸出も無料です。

フクアリに行くには東京到着が早いなぁと思ったらここを目指すのもアリかなと思います。フクアリを起点とした場合、24時間営業の駅チカのスーパー銭湯はここくらいしかありませんので。


最後に

飲食店や土産物店だけでなく、Jリーグ開催日に銭湯の客足が伸びるってことがあっても良いのではないかと思うことがあります。ホームタウンの色んな業種にお金が落ちるというのがサッカーの魅力だと思いますし。

一方で街の銭湯の場合は常連の地元の方に迷惑を掛けないように「お邪魔する」「お借りする」形の配慮をもって訪れたいものです。ロッカーの個数に限りがあったりしますし。私がアウェイの地で銭湯に行くときの心構えです。


この情報に価値があった、参考になったと思いましたら、以下のリンクから買い物をしていただけると管理人が喜びます。
↓↓↓