IMG_4145-s
3/17(土)のポカスタ(鳴門市)の試合の前日に「しろとり動物園」に行ってきました。

公営の動物園にはない「ユルさ」が逆に面白く、展示動物に触れられる率が高いのも特徴です。お子さんを連れていけばトラウマにもなりかねない表裏一体の展示方法・・・

徳島ヴォルティスの本拠地の鳴門市の隣、香川県東かがわ市にあります。3/17のJ2の試合会場にも出張ブースを出していました。県は違えどお隣の市。サッカー観戦の前日や翌日に訪れてみてはどうでしょうか?

P2140853-s
行ったのが平日金曜日ということを差し引いても客がいるのに重機を園内で動かしてます。非難する意味はありません。観光農園に行ったら、農園のおじいちゃんが短パン一丁で軽トラに乗って現れたくらいのインパクトがあります。 

P2140875-s
この子ではありませんが、動物園の入口に番犬がいます。お客さんが来ると吠えます。いきなり歓迎されてない感を出してきます。


P2130980-s
最近では公営動物園でも導入が進んでいるコツメカワウソとの握手穴。しろとり動物園も完備です。


P2140023-s
猛禽類が檻に入ってません・・・(ロープに繋がれてはいますが)
P2140015-s
P2140653-s
写真が下手でも迫力のあるアップ画が撮れます。やはり、猛禽はカッコイイしカワイイ。
P2140507-s
餌は飼育員さんの腕の上で。食べるところを間近で見られます。

P2140051-s
2017年、けものフレンズでサーバルが話題になった時、檻に入ってないサーバルとして話題になりましたが、2018年3月現在、後ろ足を悪くして屋内ゲージ展示となっています。

P2140109-s
クジャクが放し飼いです。そしてウサギが小屋から逃げてます。脱兎です(意図的に放し飼いにしてるらしい)。公営では起き得ない自体に困惑です。

P2140566-s
P2140590-s
普段は抽選のホワイトタイガーの抱っこ会も平日なら当選確率100%です。

P2140777-s
動物ショーの会場にも放し飼いのクジャクが・・・ショーには一切出ませんw

【出張動物園@ポカリスエットスタジアム】
P2150100-s
P2150134-s
P2150153-s
P2150250-s
毎試合ではありませんが、徳島ヴォルティスの試合会場で出張動物園をやってます。ここでも見せるだけではなく、全動物触れ合えるのがミソです。しろとり動物園の真髄は触れ合えてナンボ、それを実感しました。


【公共交通機関での行き方】
公式サイトでは「JR高徳線・讃岐白鳥駅からタクシーで10分」とありますが、讃岐白鳥駅は朝9時までと、18時以降に数本特急が停車するものの基本的には特急通過駅です。日中の各駅停車停車回数も、9時台に2回、10時台~18時台は1時間に1回あるかないかの駅なので、一本乗り遅れたら致命傷です。

高松空港からやってきた私としては、讃岐白鳥駅の一つ前の駅・三本松駅下車を選択しました。ここは特急停車駅で、駅前にタクシープールとタクシー会社があるので、列車を降りてからスムーズに移動出来ました。
IMG_4143-s

三本松駅からだと車で約15分、距離にして5.8kmです。途中の道路事情にもよってくるでしょうが、私が支払った額は1600円でした。



徳島方面から列車で行くなら「引田駅」からタクシーが良いと思います。こちらも讃岐白鳥駅の1つ隣の特急停車駅です。降りてはいませんが車窓から駅前にタクシーが停まっているのを確認出来ました。距離と時間は三本松駅からと差がほとんどないので、タクシー料金もほぼ同じと推察できます。


因みに讃岐白鳥駅から徒歩で行くと約30分。行きは緩やかではあるものの上り坂になるのであまりオススメは出来ません。

行きは三本松駅か引田駅からタクシー、帰りは讃岐白鳥駅の時刻表から30分逆算して動物園を出て歩くというのもありです(私はそうしました)。実際は、帰りもタクシーを迎車して三本松駅か引田駅に行ったほうが楽ですし次の目的地に行くのが楽になるとは思います。


【旅のプラン考察】
地理的には徳島のターミナル(徳島阿波おどり空港、高速鳴門バス停、徳島駅)を拠点にしたほうが近いのですが、私は試合の前日に高松空港からリムジンバスとJR高徳線(+タクシー)を使ってしろとり動物園へ行き、その後は讃岐白鳥駅から鳴門駅に向かい、前日泊をしました。そして翌日に高速鳴門から夜行バスで東京まで帰りました。

要は一筆書きルートなのですが、しろとり動物園を組み込む場合、一筆書きルートのほうが楽なんじゃないかなと思います。高松空港だとLCCがありますので、飛行機に間に合う旅程であれば、時間を掛けて高松空港を利用すると旅費を節約できます。


【最後に】
旅の1週間後に書くと熱量が下がって伝えたいものが伝わらない内容になっていそうで・・・やはり「鉄は早いうちに打て」の精神で早めにブログ書くクセ付けたいです。

ともあれ、しろとり動物園の脱力系と迫力系の共存した感じは公営動物園にない面白さがあるので、ポカスタに行かれる方は観光の対象にオススメします。